IR Japan

IR Japan 採用情報サイト

社員紹介

社員紹介

IR・SRコンサルティング部 春山 真寛慶応義塾大学 総合政策学部卒業

現在の仕事について

上場企業の「参謀」という仕事。

春山 真寛

日本の上場企業は約3,600社あり、当社のクライアントもほぼ全てがこの上場企業です。上場企業は、日々変化する資本市場で様々な問題で悩んでいます。事業拡大という意味での資金調達、M&Aなどの「攻め」の部分から敵対的買収、物言う株主との攻防等の「守り」の部分まで、そのニーズは無限大です。当社はそうした上場企業と対話を通じて、攻めの部分から守りの部分まで幅広くニーズを聞き、その対応に当たるのが仕事です。中途入社社員が多いという当社の特徴を活かして、様々なバックボーンを有する社員が英知を結集して、困難な仕事にも全員で乗り越えていく社風があります。

自分のタスクについて

上場企業の「攻め」、「守り」の両面での幅広いコンサルティング業務が私のタスクです。クライアントの多くの部署や人とリレーションを築きながらニーズを聞き出し、その対応策を提示します。また、日々、物言う株主の動向などの情報を提供して、必要な対策の提案も行います。この仕事は自分一人では完遂しないので、上司や役員も巻き込んでクライアントのニーズに答えられるように日々、努力しています。

仕事の大変さ、苦労について

春山 真寛

変化の激しい資本市場において、情報取集や日々の勉強は欠かせません。少しでも気を抜くと変化についていくことができずに、クライアントの力になれません。当然、クライアント側も積極的に情報収集を行っているので、それを上回る努力が必要不可欠です。「自分はまだまだ努力が足りない」と自らを戒めて、仮に後輩であったとしても、自分より優秀だと思う人には積極的にアドバイスを求めて、日々自分を高める努力を続けています。

仕事の魅力について

当社は、変化の激しい世界でクライアントの為に仕事をするので困難なことも多いですが、自らの成長を日々実感することができます。また、すぐに相談できる上司や同僚が近くにいるので、難しい仕事であっても一人で悩むことはありません。私自身、突破口が見つからない中、直接、社長に相談に行ったこともります。多くの人を巻き込んで、英知を結集して、クライアントの力になることができるのが当社の仕事の魅力だと思います。