IR Japan

IR Japan 採用情報サイト

社員紹介

社員紹介

IR・SRコンサルティング部 菊名 孝信慶應義塾大学 法学部卒業

現在の仕事について

資本市場と企業の架け橋となるコンサルティングパートナー

菊名 孝信

上場企業は資本市場から資本調達をしますが、市場を通じては誰でも株主となることができるため、多くのリスクを包含します。敵対的TOB、アクティビストからの要請、株主提案、会社上程議案の否決等の上場リスクを最小限にとどめるためには、株主構成を精緻に把握し、株主・投資家(=資本市場)の声に耳を傾けることは必要不可欠です。そういった上場企業が株主・投資家とのリレーションを構築するための総合的なコンサルティングを行うことが私の仕事です。企業が円滑に資本市場と接することで、安定的に経営を行い、企業価値を高めることを助けるコンサルティングパートナーとして、日々尽力しています。

自分のタスクについて

資本市場と企業の架け橋となるコンサルティングパートナーになるためには、お客様である企業にとって、信頼に足る人間であることが非常に重要であると考えます。そのため、円滑な資本市場との対話や企業価値の向上に向けて、現状の良いことや耳の痛いことを真に誠意をもって伝えて気づきを与えること、また、伝える素養のある人間足ることが課題となります。

仕事の大変さ、苦労について

菊名 孝信

資本市場における上場企業のパートナーになり得るためには、財務や法律といった根底となる知識醸成に加えて、目まぐるしく移り変わる資本市場やそれを取り巻く制度や法律といった外部環境の変化等、常なる変化を逐一捉えてなくてはなりません。自分を研ぎ澄まし、多くの情報に触れ、幅広い知識を習得するといった日々の取り組みが、仕事の大変さであり、同時に楽しさです。

仕事の魅力について

オンリーワン企業として質の高いコンサルティング業務を実施

株式市場における総合的なコンサルティングを行うことができる会社は国内になく、狭義の意味での同業他社はおりません。そういった側面もあり、当社のクライアントとして大手上場企業の役員や部長職の方と相対することも多く、当社の提案や助言がその会社の経営判断に直接的に影響することも少なくありません。そういった、オンリーワン企業としてのプレゼンスを持ち、質の高いコンサルティングが提供できた際の充実感は非常に大きいものです。 新しいクライアントとの案件において、当社のクオリティ―を十分にご理解いただいた上でご依頼頂き、またその結果についてもご満足頂いた上で感謝の言葉を頂けた際は格別です。