IR Japan

IR Japan 採用情報サイト

社員紹介

社員紹介

投資銀行部 村田 佳則大阪市立大学 商学部 卒

現在の仕事について

村田 佳則

M&Aにおけるアドバイザリー業務を実施しています。偏にM&Aといってもその仕事は多岐にわたり、案件のオリジネーションから、デューデリジェンス、バリュエーション、契約締結、クロージングと、各プロセスにおいて求められる役割期待は様々であり、多様かつ広範な知識・経験が求められます。クライアントの最善の利益を追求し、各プロセスにおいてクライアントに寄り添ったアドバイザリー業務を提供することで、M&Aを成功に導くことが私の主な仕事であり、使命でもあります。

自分のタスクについて

当社のM&Aアドバイザリーチームは、規模もさほど大きくなく成長途上です。また、M&Aアドバイザリーといっても様々な業務・役割があり、当社における財務デュー・デリジェンスやバリュエーションといった業務に関してはリソースが限定的です。今までリソースが限られていて、外部専門家に依頼していたこれら業務についても、内製化を図ることで社内にノウハウを蓄積し、当社の専門性を深めることができ、ひいては当社の組織拡大に寄与できるものと思っています。これまでの知識や経験を活かし展開することで、専門分野・提供業務の幅を拡げていければと考えています。

仕事の大変さ、苦労について

村田 佳則

数多くの会社、数多くの案件に携わることになりますが、似たようなものはあっても同じ案件はなく、そのソリューションは様々です。会社も会社にまつわる財務数値も生き物であり、分析の切り口やスコープ、分析手法も案件毎にカスタマイズしなければなりません。会社ビジネスへの理解を深めることで、それが少しは可能になりますが、M&Aというそれほど長くない期間で会社を理解し、財務数値を分析して、アドバイザーの責務を果たすことは相応の技量や専門性、またタフさも求められます。

仕事の魅力について

クライアントの中にはM&Aを数多く行っている会社もあれば、ご経験が少ない会社もあります。したがって、M&Aに慣れていないクライアントですと、ファイナンシャル・アドバイザーの活躍の幅も拡がります。その分期待も大きいですが、「頼られている」「信頼されている」というのを日々の仕事で感じることができ、やりがいも感じられます。信頼や期待、やりがいは相通じるものがありますが、プロフェッショナルとして、人に頼られることを喜びに感じることができるのであれば、アドバイザー冥利に尽きるものと思います。