IR Japan

IR Japan 採用情報サイト

内定者の声

内定者の声

内定者座談会

2018年入社の内定者と座談会を開催いたしました。

内定者座談会

就職活動中はどのような企業を中心に活動をしていましたか。

I.K
私は3つの基準で会社を探していました。
社会貢献性の高さ、自分自身が大きく成長ができること、そして大学で勉強したことを含め自身の強みが生かせることです。 特に、社会貢献性の高さは重要視していて、様々な企業に対して支援ができ、役に立っているという実感を持って仕事をしたいとの想いが強かったですね。同時に、社会的なインパクトの大きさも求めていたため、金融業界を志望していました。
K.B
私も定めていた軸が3つあります。
これから伸びる会社、スキルを身につけることができる会社、そして、人に出会える会社です。ちなみに、「将来性があるのにまだ皆が気付いていない会社」というのが理想だと考えていました。
就職活動をしていく中で、尊敬する先輩から「スキルと人脈がある会社」「これから価値が大きくなる会社」を選びなさい、と言われたことがあります。また、それを自分ひとりで見つけることは難しくても、誰かに話を聞くことで見つけられる。そして、誰に聞くかは自分で選択できることだと。今見えているものではなく、これから伸びるところにフォーカス出来る人が活躍できるのだと知り、信頼できる社会人の方の話を伺うことを大切にしていました。
D.K
若手のうちから活躍できることです。
最終的な軸は「若手から活躍できる環境」「人脈とスキルが身に付く会社」に落ち着きましたが、知名度や会社の規模などで会社を選んでしまい、自分が本当に大切にしているものが何かを見つけるまで時間がかかりました。

当社のどこに魅力を感じましたか。

2018年内定者

I.K
1対1で面接をしてもらったことで、真摯に向き合っていただいていると感じました。選考過程では、結果通知や連絡も早く、スピード感があったのも良かったです。
やはり学生からすると「その他大勢の中の一人」なのではないかと思ってしまいがちですが、そうではなく、個人と真剣に向き合ってくれているのが嬉しかったですね。

K.B
こちらからの質問の時間をたっぷりと取ってくださったことです。かなり突っ込んだ質問まで出来たという感覚がありました。面談でお会いしたコンサルタントの方から、「365日お客様のために。」という言葉を聞き、その真剣さに心を打たれました。旅先からお客様に葉書を送るなど、日々のお客様との距離感を詳しく聞くことができました。
また、面接においても、社員の方々がご自身の趣味を交えて近い距離で接してくれました。自分を出して良いんだという安心感につながりましたし、人の懐に入る能力が高い方が多く、コンサルタントらしいなと感じました。
D.K
お話した社員の方や社長が、とにかく熱く語ってくれたことですね。特に人事の方が、ご自身の就活での苦労話をしてくれたのが嬉しかったです。自分と同じような境遇だったので、共感する部分が多かったですね。
また、寺下社長は日本経済について、吉田松陰の話や歴史の話に紐づけて、鼓舞してくださいました。熱意を以て仕事をしていることを肌で感じました。

当社に入社する決め手は何でしたか。

I.K
専門性の高さと社会貢献性です。
その2つを通じて、日本企業がこれから世界で活躍していくために、自分も会社と一緒に成長していき、力添えをしたいと思ったからです。
K.B
自分の信頼する先輩の言葉・先輩と活躍です。
先輩から「誰の言葉を信じるか」「学生のうちに正しい判断はできない、だから様々な企業のサポートを行っている方の言葉を信じる」「どの人を信じるかは自分の選択」と教えていただきました。それが自分のポリシーと重なり、入社を決めました。
2018年内定者

D.K
若いうちから活躍できるところです。
実際に活躍されいる若手社員の方とお話しする機会を設けていただき、メディアに掲載された案件を携わったお話を聞きました。大手企業だとなかなか携われないような大きな仕事を若いうちから経験できるところがとても魅力的に感じました。

最後に、今就職活動をされている方へメッセージをお願いします。

I.K
幅広い業界を俯瞰し自分に合った企業を見つけて下さい。
自分のやりたいことが他に見つかる可能性もあるし、自分ではまだ気づいていない得意分野があるかもしれません。多くの業界を研究し、「これ!」だというものを見つけてください。
K.B
学生には企業の良し悪しを判断することは難しく、つまりは就職先を個人で決めるには限界があります。判断つかない時は、先見の明がある人を信頼し相談することが大事だと思います。そういった信頼する人が周りにいないと感じる人も多いかもしれませんが、きっといるはずなので、あきらめずに探してみてください。
2018年内定者

D.K
就職活動は手段であって目的ではありません。周りに流されている気がしたら、止まって人の話を聞いたり一息ついたりして、自分がどう生きたいか考えてみてください。大学卒業後、どのように生きていくか。独りで悩まず、先輩や相談できる友人、親など、いろいろな人の意見を参考にしてみてください。